車両

Vehicle Management

なぜMiles

車両のすべてを可視化する

主な機能

  • ダッシュボードで車両状態を把握
  • 期中でもサービス単位の予算vs実績を一目で把握
  • 定期点検から自動的に作業指示を作成
  • 車両売却とシームレスに連動

リース資産の生涯データを保持

Milesでは新車・中古車はもちろん、非登録車両(構内専用車など)、特殊車両など全ての車両を管理できます。
リース契約の途中で解約となり、車両を別の顧客に中古車としてリースする場合も、システム内で車両のデータを持ち続け、償却などを継続したうえで次の契約と車両をリンクさせます。
冷蔵・冷凍機付きのトラックやトレールとトレーラーなど、複数の資産を一つの契約にリンクさせて管理することも可能です。

車両単位の点検・保険管理

契約が開始されると、Milesは自動的に契約期間中の車検や定期点検の予定を作成します。この点検予定の日付をもとに、定期的に対象の契約車両データを抽出し、顧客や整備工場向けに点検案内や作業指示を作成できます。
作業指示はステータス管理され、整備工場からの点検実施報告があったものは「実施済」のステータスを付与します。そうすることで点検予定のタイミングで実施確認を行い、点検漏れを防ぎます。
同様に任意保険についても保険契約満了日をもとに更新依頼を作成し、そのステータスを追いかけることで付保漏れを未然に防ぎます。

予実管理

見積時の見込み予算と現在までの支払実績に基づき、契約満了までの予測値との乖離が、事前に設定されたしきい値を超過していなか追跡します。将来的に支払金額が予算を上回ると予測されたときには赤信号で注意を促します。

車両ダッシュボード

契約走行距離と実際の走行距離とどの程度乖離しているかを視覚的に表示します。
それにより、過走行の契約を抽出し、適切な対応をとることができます(顧客への契約変更の提案など)。

メンテナンス計画

メンテナンス計画では、フリート車両と連動した整備計画を確認することができます。

メンテナンス計画から作業指示を自動作成

メンテナンス計画に基づき、自動的に整備工場などに対して作業指示や点検をお知らせすることができます。

車両売却

車両売却にともなう、さまざまな売却関連情報を参照や設定をすることができます。
オークションなど売却チャネルの設定、入札の登録、最高落札額の表示、落札者への請求書発行など、幅広く対応しています。

車両修理の顧客請求の有無

Milesでは、お客様が紛失したものを返却できない場合や、車体や電子機器な損傷がある場合には、リース会社が車両の損傷を修理することを決定することができます。