Milesの導入方法

Implementation Methodology​

多岐にわたる業務プロセスをシステム制御

ソフィコ独自のシステム導入方法は、ソリューションとビジネスプロセスを主体とした弊社独自で開発した手法です。これにより全体の導入プロジェクト期間を短縮することが可能となります。
事前に設定された基本のMilesをベースに導入を開始することで、ギャップ分析や要件収集に費やす時間をを短縮しながら、迅速なプロジェクトのスタートを切ることができます。

プロジェクトフェーズ

Milesの導入プロジェクトは5つのフェーズに分けられます。

この図は、マイルズ導入の全体的なプロセスを示しています。
準備・要件収集・実装・SIT&UAT・Go-Live後サポートの5つの異なるフェーズに分かれており、実装フェーズはさらに3つのウェーブに分かれています。

実装フェーズでは、各ウェーブが導入時の重要な構成要素となります。
ウェーブは、Milesの中のいくつもの「機能ドメイン」で構成されています。
機能ドメインの例としては、「取引先管理」、「車両発注・納車」などがあります。

準備フェーズ

準備フェーズでは以下のことを行います:

  • プロジェクトの概要(目標、目的、利益、主要な成功要因、前提条件)を明記したプロジェクト憲章、予算/タイムライン etc.)、プロジェクトの依存関係、プロジェクト組織構成を作成・承認します。
  • 初期のプロジェクト体制を構築します。
  • 次のフェーズである要件収集でのトレーニングや各種ワークショップの計画と準備を行います。

要件収集フェーズ

要件収集フェーズでは、詳細なヒアリングを通してFIT & GAP分析を行います。

お客様の要件とMilesの動きを比較しながら正しい要件を固め、開発の対象となるスコープを定義していきます。
要件収集のフェーズの最後にはプロジェクト全体の計画が作成されます。
これにより、プロジェクトを複数のウェーブに分け、各マイルストーン、期日、成果物、ウェーブと他のプロジェクトフェーズ間の相互依存性を定義されます。また、役割、責任、スコープ、タイムテーブル、承認プロセス及び変更管理プロセスをすべて明確に定義します。

準備フェーズまた、このフェーズの初期段階でマイルズトレーニング(テクニカルトレーニングおよび機能トレーニング)を行います。

実装フェーズ

実装フェーズは、ビジネスのライフサイクルを論理的ならびに時系列的に構築した3つのウェーブで構成されています。

後続のウェーブは、先行するタスクの完了に依存します。タスクは複数の機能ドメインに関連することもあります。
Milesの機能ドメインは、それぞれ特定の機能を有していて、論理的に構成されています。機能ドメインは、Milesの導入プロセスにおいても重要なコンセプトです。
機能ドメインはさらにサブドメインに分割され、最終的には機能トピックまで細分化されます。

  • コンフィグレーション
  • 仕様策定および開発
  • データ移行
  • テスト(機能テストとエンドツーエンドテスト)
  • データドキュメンテーションとトレーニング移行
  • 帳票ドキュメント・レポート作成

各ウェーブの終わりには、すべての関連データ、仕様変更、カスタム開発、およびコンフィグレーションをまとめてテストします。
そして、そのウェーブに含まれる機能をカバーする本番環境のセットアップが行われます。
このアプローチにより、ミスはより迅速に発見され、全体的な実装時間が短縮されます。

SIT&UAT フェーズ

SITとUATフェーズは、以下のステップで構成されています。

エンドユーザー向けトレーニング

  • 必ずUAT前に実施

システム統合テスト(SIT)

  • 他のシステムとのMilesの統合テスト
  • UATに先行して実施
  • 完全なシステムを構築するため、必要な機能だけでなく、すべての新しい機能と変更された機能を含みます。
  • 他のシステムやインターフェースによる、他のアプリケーションとの連携が必要となります。(外部ベンダーの関与など)

エンド・ツー・エンドテスト

  • プロジェクト全体の特定のプロセスのテストに使用されます。(例:見積はウェーブ1でエンドツーエンドテストを実施します。)
  • 最後にすべてのプロセスを通してエンドツーエンドでテストを実施ます。

ユーザー受入テスト (UAT)

  • お客様のビジネスユーザーにMilesの機能性とシステムパフォーマンスをテストしていただき、正式に受け入れ判断をします。
  • 最終的な(正式な)UATのリスクを軽減するために、ウェーブごとに非公式なUATを実 施することを推奨します。

Go-Live & Go-Live後フェーズ

この最終段階には、Milesの実際の導入と旧システムのMilesへの切り替えが含まれます。
この作業は通常週末など非営業日に行われ、ユーザーや顧客に配慮しながら実施します。

ソフィコのコンサルティング

同じオートリース業界の「ことば」を話すわたしたちだから、お客様の求めているものから問題の本質にくみ取りながら的確なコンサルティングを提供します。

多岐にわたる業務プロセスをシステム制御

マイルズ導入プロジェクトの一環として、お客様一人一人に詳細な要件収集ワークショップを実施しています。
これにより構築されたノウハウを活用してください。
ビジネスプロセス最適化のためのビジネスプロセスマッピングの専門知識が必要な場合でも、複数の国が関与する複雑なビジネスプロセスの融合プロジェクトでも、当社のコンサルタントは、お客様が結果につながるためのお手伝いをいたします。

Milesのコンサルティング

関連するトレーニングを受けていただくことで、お客様の社内キーユーザーや管理者が、Milesシステムの日々のメンナンスを担当することができるようになります。
必要に応じて、大型アップデートの準備や、システム最適化の観点からのシステム構築における監査など、大規模なプロジェクトに向けて社内のエキスパートをサポートします。

Milesのトレーニング

当社のお客様は、Miles導入プロジェクトの一環として、必要なエンドユーザーおよびキーユーザーのトレーニングを受けています。
また、お客様のご要望に応じて、追加のトレーニングを提供することができます。

Miles機能トレーニング

このトレーニングでは、機能の概要を詳しく説明し、エンドユーザーの皆様にMilesの使い方をご理解いただくことを目的としています。

Milesコンフィグトレーニング

このトレーニングでは、お客様のビジネス要件を反映した様々なユースケースを通して、キーユーザーの皆様にMiles環境の設定方法を実践的に学んでいただきます。

Milesテクニカルトレーニング

このトレーニングでは、お客様のITスタッフを対象に、Milesのアーキテクチャ、データモデル、Milesサーバのインストールと設定のための様々なITベースの手順についてフォーカスしながら説明します。

カスタマイズされたトレーニングをご希望ですか?

上記に加えて、お客様のトレーニングニーズをサポートするために、お客様固有のトレーニングを提供することも可能です。