取引先管理

Relationship Management

なぜMiles

顧客やサプライヤーをトータルに管理

主な機能

  • 取引先にかかわるすべての業務をシームレスに統合
  • ロールによる下流工程の制御ができます
  • 複数ロールを取引先につけることができます

ロールによる下流工程の制御

Milesでは、さまざまな取引先にロール(役割) を付与することで、顧客あるいはサプライヤー として定義し管理できます。 またロールごとに画面構成や可能な処理内容を 定義できます。

サブロール

ロールの下にサブロールを階層的に追加することができます。たとえば、ディーラーはメインロールであるサプライヤーを付ける必要がありますが、それに加えてサブロールとしてディーラーをつけます。

複数のロールを付与可能

1つの取引先に複数のロールを付与することも可能です。
例えば、同じ取引先が「顧客」と「サプライヤー」の二つの性質を持つ場合(リースバック取引など)両方のロールを付与します。

取引先の設定(顧客の場合)

見積および保険条件

取引先が顧客の場合、見積や保険に関する情報を登録します。

顧客単位の見積有効期間の設定、車両見込み台数、車両利益率、年間代替率や参照テーブルや顧客単位の見積テンプレートなどを登録します。

契約条件

『契約条件』タブでは一般商品の登録、指定取引先(指定工場)、包括契約、見積テンプレートの設定をします。

担当者管理

初期設定で取引先名が窓口代表連絡先として表示されます。車両担当や請求担当も表示することができます。取引先が既に『車両担当』『請求担当』の連絡先ロール設定した連絡先を保持している場合、ドロップダウンリストから連絡先ロールを選択すれば、情報が自動的に表示されます。

マーケット情報

営業担当の情報及び見込み/競合他社等の情報を入力します。

追加データ

車両保険などの保険内容の確認項目を保持します。

アポイント管理

営業担当者によるアポのスケジュールやレポートを登録します。

グループ構成

組織における親子関係をグループ別にさまざまに定義することができます。

組織図

営業部・システム管理部・総務部など、顧客会社内部の組織構造をツリー構造 で登録します。
また、たとえば部署に請求書送付先住所を登録しておけば、請求書を送付する ことができます。
送付先住所の設定がなければ、Milesは顧客の代表住所を送付先住所として利用します。

ファイナンス

請求を伴う取引先もしくはリース会社をMiles上に作成するとき、銀行口座もあ わせて作成する必要があります。

銀行口座

口座情報
ここでは、取引先が利用する銀行口座を設定します。
口座名義、銀行名、支店名、口座番号など通常の口座情報を登録します。

ステータス管理
内部統制の一部として、各銀行口座は承認行為を経て口座有効にすることができます。
このことにより、銀行口座を不要に利用されることを防止できます。

与信審査

顧客と取引を上で必要な与信申請を管理します。
依頼や結果、また与信審査に必要なチェック項目を定義します。

請求設定

顧客の支払における全般的な設定を行います。

  • 支払方法の設定
  • 回収サイトの設定
  • 顧客単位の勘定科目の設定

連帯保証

顧客が債務不履行に陥ったときにその債務の支払いを保証する取引先に関する設定をします。
包括契約や見積など異なるレベルで保証を設定できます。
保証金タイプでは、債務保証のための保証金の種類を設定できます。
保証金の種類にはデフォルトとして次のものあります:

  • 不動産資産
  • 銀行口座現預金
  • リース会社に支払った預託金

与信概要

与信審査を通じて入手した情報をもとに、リース会社は信用担保の方 法を決定します。Milesではリース会社ごとに異なる与信管理に対応で きるようさまざまな設定が可能です。以下はその一部です。

  • 与信枠の設定
  • サードパーティによる信用保証
  • 保証人や保証種別の設定
  • 与信審査サイクルの設定
  • 与信の親子関係の設定
  • 与信限度額の設定 (個別与信枠・グループ与信枠)
  • 与信残高の計算
  • 回収したリース料を与信枠の戻すリボルビング方式の設定
  • 与信枠設定時の承認フロー設定
  • 与信限度額の変更
  • 他の顧客への与信枠の付け替え

売掛買掛勘定

顧客のすべての売掛金・買掛金に関する状況をまとめています。 この画面では主に情報を提供します。

  • 売掛買掛の請求内容
  • 売掛買掛金額
  • 請求残高の有無
  • 支払延滞日数
  • 支払予定日・支払方法・実行日
  • 請求ステータス
    など