外部アプリ連携

Interfaces

なぜMiles

さまざまなシステムとつながる

Milesはコネクターを使って外部のアプリケーションと柔軟に連携します。

導入プロジェクト数の増加とともに標準で実装しているインターフェースも増えています。
車両カタログデータ、与信情報データ、金融機関の入出金データなど、多彩なインターフェースが構築済みです。AIRISの車検証情報とも連携ができています。

またMiles内にあるさまざまなデータをBIツールと連携することで、自社の経営戦略の決定に必要な基礎資料を作成したり、収益性の分析を行うことが可能です。

企業によっては顧客マスターをグループで共有している場合がありますが、その場合でもマスターとMilesを連携させることで二重管理を防ぐことができます。なお、インターフェースのないアプリケーションとの連携は追加開発を行うことにより対応できます。

主な機能

  • RESTful APIによるメモリ効率の高い大容量データ処理
  • 多様なフォーマットに対応 (csv・フラットファイル・xml)
  • 外部BIツールに連携可能
  • ファイル単位、レコード単位などの異なるレベルのトランザクション処理に対応
  • エラー処理およびエラーレポートの出力
  • ユーザーインターフェイスを介してリアルタイムもしくはスケジュール実行

データ連携概要

コネクタフレームワーク

全インターフェイスのベースとして機能

共通項目

  • メモリ管理効率の高い大容量データ処理
  • 多様なフォーマットに対応 (csv・フラットファイル・xml)
  • ファイル単位、レコード単位などの異なるレベルのトランザクション処理に対応
  • エラー処理およびエラーレポートに出力

コンフィグレーション設定

  • デフォルト値・入力パラメータの設定
  • ファイル・フィールドのデコード・バリデーション・データマッピング
  • ユーザーインターフェイスによるリアルタイムもしくはスケジュール実行