契約

Contract Management

なぜMiles

包括的な契約管理

契約のステータス、契約車両情報、リアルタイムな走行距離、契約に含まれるサービス内容、回収予定表、売掛買掛勘定など、 契約に関するすべての情報を管理します。

車両管理オブジェクトとリンクすることで、いつでも包括的に契約情報を閲覧・管理できます。

主な機能

  • 契約を包括的に管理
  • ダッシュボードで契約情報を可視化
  • バージョン管理機能による契約修正
  • 同一車両を複数の契約に紐づけ可能

ダッシュボードで契約情報を可視化

契約中の車両およびその契約内容を全て管理することが可能です。
ダッシュボード画面により、契約ごとに走行距離や使用期間など車両の使用状況を常にリアルタイムで把握することができます。

契約修正をかんたんに

契約期間中はサービス内容の追加・削除や工場変更など、さまざまな変更が発生することがあります。
Milesでは、契約変更を実行するたび新しい契約バージョンを作成することでユ ーザーが容易に契約内容を変更できる仕組みを用意しています。 この仕組みにより変更前の契約データを保持できます。

Milesデフォルトの契約サイクル

契約画面

営業視点を考慮した最適な画面レイアウトサマリー画面に見積作成に必要な情報を表示します。ユーザーはその都度画面を参照することなく、効率的に見積を作成することができます。

契約作成

通常、複数の見積から顧客が承認した見積内容を基に契約が作成されます。契約は車両が納車された時点で自動的に実行中のステータスに変更されます。また、燃料など車両にリンクしない契約の場合は、手動で有効化することもできます。

車両を2つ以上の契約に紐づける

フリート車両を両方の契約にリンクさせることで、同一車両に対してファイナンスとサービスを作成することができます。2番目の契約(サブ契約)では、このフリート車両はセカンダリー車両の使用を介してリンクされています。

契約の再計算

コンフィグ車両に対して契約に対して財務的な影響がある変更がなされるとき、コンフィグ車両および契約に含まれるリースサービスの両方について再計算することができます。

頭金の設定

契約内容に頭金が指定されている場合、頭金請求ができます。また、頭金はデフォルトでは契約サービスに含まれませんが、コンフィグレーション設定を通じてデフォルトに含めることができます。

車両の引き取り

契約満了など、車両が使用されなくなった場合は、リース会社が 引き取られ、Milesに登録されます。 Milesは必要に応じて、顧客またはドライバーからリース会社 (または別の目的地)へ移送するための発注書が作成することが できます。そのほか引き取り時に、リース会社は車両の状態をチ ェックし、車両状態報告書を作成することができます。車両の修理が必要な場合、整備工場に作業指示を出すこともできます。そして引き取り後、車両の売却・車両の転用・プール車として使用するなどMilesで対応することができます。

契約満了処理

契約は「中途解約」または「通常満了」のいずれかで終了します。計算式とワークフローを組み合わせることにより「通常満了」「中途解約」の判定ロジックを定義することができます。

契約の精算

Milesでは、契約走行距離と契約期間に関連するコストを追跡することができます。一定の乖離があった場合には、さまざまななアクションを定義できます。
例えば、見積時走行距離と乖離がある場合、その差分を精算することができます。あるいは燃料費用のように、リースサービスの中で価格が乖離している場合、その都度調整精算を行うことができます。

契約変更

契約の期中、契約期間、走行距離、オプションの追加、納車先など、契約に関するさまざまな変更が必要になる場合があります。これまで別途新規に契約を作成することで対応するケースが多い中、Milesは契約バージョンという概念を用いることによって既存の契約を終了させることなく、同じ契約上でさまざまな変更を行う画期的なしくみを提供しています。

契約変更:さまざまな変更理由

契約のライフサイクルの間、さまざまな変更が必要になる場合があります。
例えば、

  • 契約期間や契約走行距離の変更
  • 納車先の変更
  • サービスの追加・削除
  • オプションの追加・削除

契約バージョン

契約のライフサイクルを把握するために、Milesでは基本的には契約の変更のたびに新しい契約バージョンを作成します。
言い換えれば、契約を変更するときには、既存の契約をベースにした新しい契約バージョンを作成します。
そのため、契約バージョンは通常不可逆的であり、変更のたびに新しい契約バージョンを作成する独自の仕組みをとっています。

契約の変更のたびに、新しい契約バージョンを作成することで契約の変更内容を把握することができるようになっています。
また現行の契約バージョンと過去の契約バージョンを比較し、差異を強調表示させることができます。

契約バージョンはお客様の同意が必要かどうか、財務的な影響があるかどうか、また変更理由などさまざまな条件によって変更がどのように処理されなければならないかを自動的に決定するためのロジックを組み込むことが可能です。

見積の有無

新しい契約バージョンは、見積書の有無に関わらず作成することができます。

複数契約も一括で可能

契約修正は、単一の契約でも複数の契約に対して一括で行うことができます。

再リース

リース顧客が再リースを希望する場合、契約修正を行います。

契約終了前に、契約修正の変更理由として再リースを選択することでMilesは新たに契約を作成します。
このとき、新規に作成された再リース契約は元の契約と一時リンクされます。
そして再リース契約を実行した時点で元の契約は終了します。