会計

Accounting

なぜMiles

国内リース会計基準に準拠

日本のリース会計基準に準拠し、お客様の会計ルールをセットアップすることで正しい勘定科目に自動仕訳します。

主な機能

  • 日本のリース会計ルールに準拠
  • 顧客独自の会計ルールに基づく自動仕訳
  • 外部会計システムと連携可能
  • 請求データの作成
  • 債権債務の管理
  • 自動入金充当機能

日本のリース会計ルールに準拠

私たちは長年にわたり日本で行ってきたプロジェクトを通じてノウハウを積み重ねることにより、長期前払費用の計上、その短期への振り替え、公租公課支払いのプロセス、車両購入や諸費用の計上、リサイクル預託金処理、資産・収益・費用の認識など、日本のリース会計に準拠した会計処理をMilesに実現しています。

顧客独自の会計ルールに基づく自動仕訳

Milesの導入プロジェクト期間中に、システム内に顧客独自の会計チャートを作成する作業を行います。実際にシステム内で契約が開始され、車両代の支払い、メンテナンス料金の支払い、リース料の請求などの入金や出金が発生するたびに、あらかじめ決められたリース会社の会計ルールにのっとってそれぞれの勘定科目に自動的にマッピングしていきます。

外部会計システムと連携可能

Milesを会計システムとして利用するような設定も可能ですが、多くのリース会社はSAPやTKCといった外部の会計システムを利用したり、企業グループ内で会計システムを共有しています。
そのためMilesでは、既存もしくは新しく開発したコネクターを利用して、様々な会計システムへのインターフェースを組み、定期的・不定期的にデータを送受信できるように設定を行います。
例として、ファームバンキングの入金ファイルをMilesに取り込み、事前に組み込んだ充当ロジックにしたがい、自動充当処理を実行できます。

請求データの作成

Milesではさまざまな請求パターンに対応しています。

複数の締日対応はもちろん、商品、サービス、支払方法などの請求要素を組み合わせた請求パターンを用意したり、部署ごとや車両メーカーごとに分けて請求データを作成することもできます。

作成した請求データはまたMiles上の帳票機能や外部帳票システムから請求書として出力することが可能です。

債権債務管理

入金・出金処理が同じ画面で作業でき、ファームバンキングなど入金明細データの取り込み、出金データの書き出しが可能です。また、受取手形や期日現金にも対応。回収遅延管理、回収期日管理、でんさいなどの電子債権管理など売掛買掛管理機能を網羅しています。

自動入金充当機能および学習機能

Milesには自動充当機能が標準で実装されています。これにより、消し込み作業の大幅な削減、二重請求や請求漏れなどの人的ミスを防止できます。